ブログ

家賃滞納者への取り立て業務

今日も静岡市のHPをチェックしていると「市営住宅家賃等の滞納に係る徴収嘱託員(非常勤嘱託職員)を募集します。」と言うの有りました。

 業務内容は以下の様です。 
 市営住宅家賃等の滞納整理事務
(1)窓口及び訪問電話及び文書送付による納付催告
(2)窓口及び訪問先での現金徴収
(3)分割納付管理(納付の確認、納付書の送付、履行催促)
(4)訪問による納付勧奨
(5)督促状の発行補助

要するに、家賃滞納の取り立ての仕事です。

 

これは、メンタル強い人じゃないと務まらないと思いますね。

私も、ほんの少しですが賃貸物件の管理会社に勤務していた事が有り、家賃滞納の取り立てに行ったことが有ります。

その時の話を少しだけしたいと思います。

家賃を滞納していると言う事で、滞納者のアパートへ取り立てに行くのですがいつも留守なんです。

あまりに昔の事で記憶があいまいですが、何度電話をしてもつながらないので、滞納者の部屋に行ったんですね。

何日か行ったんですがいつもいないんですよね。

洗濯物は、干しっぱなしなんです。

1週間ぐらいたっても洗濯物が同じ状態で干しっぱなしなんです。

どこかへ旅行に行っているのかと言う話が持ち上がりましたが、それなら洗濯物取り込んで行くはずですよね。

で、みんなの頭をよぎったのは、も・し・か・し・て・「死んでる。」と言う想像です。

さすがに、勝手に鍵開けて部屋に入るわけにはいかないので、もう1週間様子を見てみようと言う事になりました。

で、1週間たってまだ洗濯物がそのままだったら、鍵を開けて部屋に入ろうと言う事になりました。

 

今回のおちは、結局本人と連絡が取れて生存確認は出来ました。

なにやら、仕事が忙しく会社に泊まり込みでずっと仕事をしていたと言う事でした。

働き方改革などかけらもない時代の話です。

 

今回も話が脱線してしまいましたが、家賃滞納者への取り立て業務に興味のある方は静岡市のHPをご覧ください。

こちらです。☞http://www.city.shizuoka.jp/412_000063.html